スポンサーリンク

ディラン・ペンはセミヌードで人気?父親のどの元妻との娘?

ディラン・ペン女性俳優
引用:Twitter

ディラン・ペンは2022年日本公開の『フラッグ・デイ 父を想う日』の主演。この映画の監督ショーン・ペンの実娘です。セレブの娘で女優でありながら、あまり情報が出ていないディラン・ペンの年齢や身長、ショーンペンの何番目の元妻との子供か、代表作をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディラン・ペン、父ショーン・ペンのどの元妻との娘?

 

2022年12月23日、ショーン・ペンが監督・出演した『フラッグ・デイ 父を想う日』が日本で劇場公開!

 

映画の主演は、監督ショーン・ペンの実娘、ディラン・ペンということで父娘共演が話題に!

 

ショーン・ペンといえば、マドンナと結婚していたことで有名なので「ディラン・ペンはショーン・ペンとマドンナとの子供?」と思うファンもいそうですが、

 

ディラン・ペンは、ショーン・ペンの2番目の妻、ロビン・ライトとの間に生まれた娘ですよ^^

スポンサーリンク

ディラン・ペンの母と父ショーン・ペンの結婚歴

 

ここで、ショーン・ペンの結婚歴や、ディラン・ペンと母ロビン・ライトとの関係をちょっとまとめてみます^^。

 

現在62歳(2022年12月現在)のショーン・ペンは、1985〜1989年までマドンナと結婚していました。

 

結婚生活は4年続きましたが、ショーン・ペンとマドンナの間には子供はいません。

 

ショーン・ペンの2度目の結婚は1996〜2010年。お相手は女優のロビン・ライトです。

 

ショーン・ペンは、ロビン・ライトとの間に長女ディラン・ペンと長男ホッパー・ペンを儲けます。

 

その後、2007年12月の『ピープル』誌に、ショーン・ペンとロビン・ライトの離婚申請が報道されます。

 

しかし、翌2008年4月に申請を撤回し復縁。

 

2009年4月、今度はショーン・ペンの方から法的別居を申請。その3週間後の5月下旬、また申請の取り消しを求め…。

 

結婚後何年もの間、おしどり夫婦として知られていたショーン・ペンとロビン・ライトですが、こんな感じで途中から夫婦間のゴタゴタが続きます。

 

そして、最後は夫妻そろって離婚を申請し、2010年7月に正式に離婚が成立しました。

 

その後ショーン・ペンは、2013年から女優のシャーリーズ・セロンと交際。婚約までしましたが2015年に破局。

 

翌2016年、31歳年下の女優レイラ・ジョージと交際を始め、2020年に三度目の結婚。しかし2022年4月、わずか1年足らずで離婚しました。

 

ちなみに、3番目の元若妻は、ショーン・ペンの娘ディラン・ペンよりも1歳年下ですよ^^!

↓↓↓父ショーン・ペンの結婚歴&彼女歴の詳細はコチラ^^!

スポンサーリンク

ディラン・ペンはどんな人?身長,年齢,誕生日,名前の由来!

 

さてさて、そんな話題がいっぱいの両親を持つディラン・ペンのプロフィールをまとめました^^。

 

名前:ディラン・ペン

本名:Dylan Frances Penn (ディラン・フランシス・ペン)

生年月日:1991年4月13日

年齢:31歳(2022年12月現在)

出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

身長:170cm

 

ディラン・ペンは、1991年生まれの31歳(2022年12月現在)!

 

ディラン・ペンは映画には子役から出演していたわけではないので、ショーン・ペンの娘の存在を大人になってから知った映画ファンも多いのでは^^?

 

また、ディラン・ペンの身長は170cm。

 

父ショーン・ペンの身長が173cm、母ロビン・ライトの身長が168cmなので、両親のちょうど中間くらいに成長しました^^。

 

余談ですが、名前のディランは、父ショーン・ペンが大好きなボブ・ディランが由来。

 

さらに余談ですが、弟のホッパーは、デニス・ホッパーにちなんで名付けられています^^。

スポンサーリンク

ディラン・ペンの子供時代〜下積み時代!

 

アメリカ、ロサンゼルスで生まれたディランペンは、カリフォルニア州マリン郡の町ロスで育ちます。

 

そして18歳で家を出て、カリフォルニア州の私立大学予備校マリン アカデミーに通った後、南カリフォルニア大学に進学。

 

しかし、大学を一学期で中退します。

 

中退後は単身ニューヨークに移住。

 

この時、ディランペンは両親に「わたしたちはあなたにお金を払うつもりはありません」と言われていました。

 

ニューヨークでは、ウエイトレスやバリスタ、広告代理店のインターン、フリーの脚本エディターなど職を転々とします。

 

この時の事を、2021年のガーディアン誌にこのように語っていました。

 

この頃ディランペンは、ピザの配達の仕事をしながらモデルのテスト撮影を始めました。

 

なので、テスト撮影の後に仕事が入っている時は、顔全体派手にメイクアップしたままピザ配達をしなければならなかったのですが、

 

ディラン・ペンは、お客はそれがコスチュームだと思ってくれて、ただピザを受け取るだけではなく楽しい気分にもなってくれると考えていたのだそう^^。

 

営業時間は働きにくく給料はひどかったピザ配達の仕事ですが、まるで何かの大会のように他の配達ドライバーと競争し、配達用のピザを取りチップを手に入れることに打ち込んだ日々を、

 

「そこは別世界で、わたしはそれが好きだった」と、今になって思い返すのだそうです。

 

セレブなのになかなかの苦労をしましたが、女優業の幅を広げるためにもいい人生経験になったのでは^^?

スポンサーリンク

ディラン・ペンのモデルの経歴!半ヌードで人気に!

 

ファッション界にも興味のある人は、モデル時代からディラン・ペンを知っているかもしれません^^。

 

ディラン・ペンのモデルデビューは2013年、GAPのキャンペーンモデルでした。

 

その後、『GQ』『W』などのファッション誌に出演。

 

2014年4月には、ディラン・ペンは、エロティック&美術の雑誌『treats!』で半ヌードで表紙を飾ります。

 

半ヌードのお披露目から数週間で、ディラン・ペンは、世界トップのモデルエージェンシーのひとつである『プレミア・モデル・マネジメント』とモデル契約を結びました。

 

モデルとしてセクシーショットも披露していたディラン・ペンは、2014年『マキシム誌』の、世界で最もセクシーな女性100人ランキング「ホット100」で、68位にランクイン。

 

同年、メンズオンライン誌『AskMen.com』の「 99 人の最も望ましい女性リスト」で、93 位にランクインしました。

 

2016年には、弟のホッパー・ペンとともに、イタリアのブランド『Fay(フェイ)』のキャンペーンモデルに起用されています^^。

スポンサーリンク

ディラン・ペン、女優の経歴!映画デビューは?

 

ディラン・ペンの最初の映画出演は23歳の時。

 

2015年の『Condemned』で、ディラン・ペンは、麻薬中毒者、売春婦、引きこもりが住人の建物に住むバンド メンバーのガールフレンドを演じました。主演です^^。

 

ストーリーは、建物の水が汚染された後、住民が精神病になり互いに攻撃しあうホラー。

 

日本では残念ながら劇場未公開。DVDとブルーレイは英語版のみ販売していますよ^^。

スポンサーリンク

ディラン・ペン、女優の経歴!代表作『フラッグ・デイ』

 

ディラン・ペンは2015年からいくつもの映画に出演していますが、

 

父ショーン・ペンと共演した2021年の映画『フラッグ・デイ 父を想う日』が、ディラン・ペンの代表作と呼べる作品になりました^^!

 

アメリカ合衆国で2021年8月20日に劇場公開されていましたが、日本では、2022年12月23日(金)にやっと劇場公開となりましたよ^^。

 

ディラン・ペンが演じるのは、詐欺師の娘ジェニファー・ヴォーゲル。

 

自由になりたいと思っても、父親との縁を完全に切ることができない娘を演じています。

 

監督であり、詐欺師の父親ジョンを演じたショーン・ペンは、ジェニファー役にディラン・ペン以外の俳優を想像することはできなかったと言います。

 

一方で、ディラン・ペンは、この役が自分にピッタリだとは全然思っていませんでした。

 

また、撮影に入る前、ディラン・ペンは、監督と演技の両方をこなす父ショーン・ペンのエネルギーと真っ向勝負できるかどうか心配していました。

 

ディラン・ペンは、父ショーン・ペンは監督として威圧的で、自分の意見を押し付け、ディラン・ペンにスペースを与えてくれないのではないかと感じていました。

 

しかし、フタを開けてみると、そんな考えはまったくもって間違いで、父と娘はお互いをうまく補完しあって撮影に臨めたのだそう^^。

 

監督や俳優としてのショーン・ペンは、実の娘であっても圧倒されるのはわかる気がします^^。

(参考文献:The Guardian)

タイトルとURLをコピーしました