スポンサーリンク

ジェニファーコネリーの父?ショーンコネリー本当の娘は?母アイリーンの死

ジェニファー・コネリー女性俳優
引用:Twitter

ジェニファー・コネリーは昔からショーン・コネリーが父?と噂がありますが違います。そこでショーンコネリーの実の娘を調べました。また、ジェニファー・コネリーの昔から現在、亡くなった母アイリーン・コネリーと、父と母のルーツ、現在の夫と子供、身長、元恋人デイビッド・デューガンとの子供カイ・デューガンについて紹介いたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの父は誰?ショーン・コネリーが父親と昔から噂が!

 

昔から親子との噂がある、ジェニファー・コネリーと、『007シリーズ』で初代ジェームズ・ボンド役を演じたショーン・コネリー。

 

結論からいうと、ジェニファー・コネリーとショーン・コネリーは親子でもなく、血縁関係もありませんよ。

わたしも、ハリウッド映画を見はじめた頃、『ジェニファー・コネリーはショーン・コネリーの娘』だと思っていました^^!

 

ジェニファー・コネリーもショーン・コネリーも眉が太かったからか、ずいぶん長い間、勘違いしていましたよ^^。

 

ジェニファー・コネリーはアメリカ合衆国出身の女優。

 

一方、ショーン・コネリーはイギリス、スコットランド出身の俳優。

 

そして、ジェニファー・コネリーとショーン・コネリーは、血縁関係がないだけでなく、俳優としても接点はありません^^。

 

さらに言うとショーン・コネリーの息子、ジェイソン・コネリーも俳優ですが、こちらもジェニファー・コネリーとは接点がありません。

 

そんなショーン・コネリーは、2006年、アメリカン・フィルム・インスティチュートの生涯功労賞を受賞したのを機に引退、

 

2020年10月31日早朝、バハマの自宅で亡くなります。

 

ショーン・コネリーがすでに亡くなり、今後絶対にジェニファー・コネリーとの共演はなくなったと思うと、なんだか残念な気持ちですよ。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーはショーン・コネリーの娘ではない!本当の娘は?

 

ジェニファーコネリーがショーンコネリーの娘ではないなら、ショーンコネリーに本当の娘がいるのでしょうか。

 

ファンの間で話題になっていましたので調べました。

 

ショーン・コネリーは、2度結婚しています。

 

1番目の配偶者ダイアン・シレントとの間に、息子ジェイソン・コネリーを儲けました。

 

2番目の配偶者ミシュリーヌ・ロクブリュヌとの間には子供はいません。

 

この2番目の配偶者、モロッコ人とフランス人のハーフのミシュリーヌ・ロクブリュヌも、ショーンコネリーと出会う前に2回の結婚歴があり、

 

ショーンコネリーと出会った当時、モロッコで3人の子供と暮らしていました。

 

3人の子供とは、長男オリバー、長女ミチャ、次男ステファン。ショーン・コネリーの継子となります。

 

この2番目の配偶者ミシュリーヌ・ロクブリュヌの3人の子供のうち、次男ステファンが、ショーン・コネリーの実の息子ジェイソン・コネリーと同い年。

 

なので、娘のミチャはジェイソン・コネリーの異母姉になります。

 

ショーン・コネリーの娘と噂されたジェニファー・コネリーは1970年生まれ^^。ショーン・コネリーは1930年生まれですから、もし(完全に違うのですが、念の為^^)娘なら40歳の時の娘になります^^。

 

年齢的には、父娘の噂が立ってもおかしくないですよ^^。

(参考文献:Celeb True)

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの昔!父と母のルーツは?

 

では、ジェニファー・コネリーの父親と母親はどんな人でしょう^^?

 

ジェニファー・コネリーの昔や、父と母、生い立ち見てみましょう^^!

 

1970年、アメリカ合衆国ニューヨーク州カイロの、キャッツキル山地で生まれたジェニファー・コネリーは、現在51歳(2022年6月現在)。

 

生まれ育ちはニューヨーク州ですが、ニューヨーク州の中でも、キャッツキル山地は自然にあふれた地域です。

 

さて、ジェニファー・コネリーの父、ジェラルド・コネリーアイルランド系。子供服のファッションデザイナー。

 

母、アイリーン・コネリーユダヤ人。アンティーク品のディーラーです。

 

ジェニファー・コネリーの母方の曽祖父母は、ポーランドとロシアからのユダヤ人移民です。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの母、アイリーン・コネリーは亡くなる直前まで働いていた!

 

ジェニファーコネリーは、2008年に父親ジェラルド・コネリーを、

 

2014年5月に、母アイリーン・コネリーを亡くしました。

 

晩年マッサージセラピストとして働いていた、母アイリーン・コネリー。

 

これまでもジェニファー・コネリーの3人の子供の世話をしてきましたが、

 

2012年には、ジェニファー・コネリーの近くに住むため、カリフォルニア州からニューヨーク市の小さなアパートに引っ越し、

 

ジェニファー・コネリーと夫ポール・ベタニーが撮影で忙しい間、3人の孫たちの近くにいました。

 

母アイリーン・コネリーは、人生の最後の日、8人にマッサージを施した後、友人と一緒に車でロサンゼルスに行きます。

 

友人の家に着いた母アイリーン・コネリーは、疲れ果てて友人の家で眠りに落ちました。

 

そして目覚めることはありませんでした。

 

ジェニファー・コネリーは、2008年に父親が亡くなった時と同じように、ストレスで体重が大幅に減り、長い期間、母の死を乗り越えられませんでした。

 

実はジェニファー・コネリーは、母アイリーン・コネリーが、亡くなる直前まで忙しく働いていたことに気づいていなかったのだそう。

 

ジェニファー・コネリー、撮影で気が回らなかったのかもしれません。後悔の念に駆られたようです。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの昔!身長低いが美しさでモデルに!

 

名前:ジェニファー・コネリー

本名:Jennifer Lynn Connelly

生年月日:1970年12月12日(51歳※2022年9月現在)

出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州

職業:女優

身長:169 cm

配偶者:ポール・ベタニー(2002年〜)

子供:カイ・デューガン、 ステラン・ベタニー、 アグネス・ラーク・ベタニー

 

ジェニファー・コネリーの身長は、雑誌などで174センチと紹介されることもありましたが、実際の身長は169センチ。

 

日本女性の平均身長と比べると、ジェニファー・コネリーの身長は高いですが、ハリウッド俳優の中ではあまり身長が高い方ではありませんよ^^。

 

しかしジェニファー・コネリーは、見た目の美しさで、人気が高いファッションブランドの『バレンシアガ』『ルイヴィトン』や、化粧品ブランドの『レブロン』のモデルを務めました。

 

ジェニファー・コネリーの『見た目の美しさ』といえば、一番印象的なのが『黒髪』と『緑色の瞳』!

 

余談ですが、わたしがジェニファー・コネリーを知った1980年代、白人のロックバンドや歌手の間で、ブロンドの髪を真っ黒に染め、

 

『アイルランド人のような黒髪』にするのが流行っていました。

 

当時わたしは、アイルランド『ケルト民族』の神秘的なイメージなどで、『白人の黒髪かっこいい!』と単純に感化されました^^!

 

そんな時に知った黒髪のジェニファー・コネリー。わたしには、ただただ憧れでしたよ^^!

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの昔!『学歴』と『女優の経歴』

 

ジェニファー・コネリーは、子供の頃から女優として活躍しているので、若い頃の経歴を年齢順にたどると、『学歴』と『女優歴』が混在しています^^。

 

ジェニファー・コネリーは、10歳の時、父の友人にモデルのオーディションを勧められ、

 

両親はジェニファー・コネリーの写真を、ニューヨークに拠点を置くアメリカの国際的なモデル事務所『フォード・モデリング・エージェンシー』に送ります。

 

そしてジェニファー・コネリーは、CMや雑誌を中心に活躍。

 

 

1982年、ジェニファー・コネリーが12歳になると、母アイリーン・コネリーはジェニファー・コネリーを演技のオーディションに連れて行き始め、

 

テレビドラマ『Tales of the Unexpected』(1982年)で女優デビュー。

 

そして、ユダヤ人ギャングの叙事詩『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1982年に撮影)のデボラ役に選ばれました。

 

1984年公開の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で映画デビューを果たしたジェニファー・コネリーは、天才美少女として話題になり、以降、映画女優として活躍するようになります。

 

ジェニファー・コネリーの初主役は、1985年に公開された『フェノミナ』。

 

この『フェノミナ』で、ジェニファー・コネリーは透明感がある美少女として、日本でも注目されます。

 

1986年、『ラビリンス/魔王の迷宮』で、デビッド・ボウイと共演し話題に。

 

1988年、ジェニファー・コネリーは高校を卒業した後、女優業の傍らイェール大学で英文学を学びます。

 

ジェニファー・コネリーは、社交的でいることや、たくさん寝たり、たくさん食べたりすることにあまり関心のない、真面目な学生だったのだそう。

 

「私は本当にオタクで、ほとんどの時間を、24時間開いている法科大学院の図書館で過ごし、授業には出ていませんでした」と語っていました。

 

そんなジェニファー・コネリーは、イェール大学で2年間過ごした後、古典演劇を学ぶためにスタンフォード大学に転校。

 

しかし、両親から映画のキャリアを続けるように勧められ、ジェニファー・コネリーはスタンフォード大学を中退。映画業界に戻りました。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの昔!若い頃は『美しさ』で広告塔に!

 

ジェニファー・コネリーは現在、知的な美しさで人気の女優ですが、昔も、世界に認められる美しさの女優でした。

 

ジェニファー・コネリーは『バニティフェア』や『エスクァイア』などの雑誌、『ロサンゼルスタイムズ』などの新聞で、『世界で最も美しい女性の1人』として掲載されています。

 

2008年には、『バレンシアガ』のファッション広告、『レブロン』の化粧品の、キャンペーンの顔として起用されます。

 

2012年、ジェニファー・コネリーは、資生堂の初のグローバルブランドアンバサダーに選ばれました。

 

これは、1980年代、ジェニファー・コネリーが日本で、資生堂の広告シリーズで協力してきたことから選ばれました。

 

当時の『資生堂のアイシャドウのCM』や、『ナショナルのラジカセのCM』のジェニファー・コネリーには本当にウットリでしたよ^^♡

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、昔の代表作!『ラビリンス/魔王の迷宮』

 

ジェニファー・コネリーというと、個人的に『ラビリンス/魔王の迷宮』(1986年公開)に思い入れがありますので、特筆します^^!(←勝手ながら^^)

 

CGが映画で使用されるようになった1980年代、不思議な世界への冒険物語に人気がありました^^。

 

わたしも、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年公開)や『グーニーズ』(1985年公開)、『ネバーエンディング・ストーリー』(1984年公開)のアドベンチャー映画が好きで、

 

『ラビリンス/魔王の迷宮』の世界観とともに、白い肌、緑の瞳、限りなく黒い髪のジェニファー・コネリーに憧れ、映画雑誌『ロードショー』を切り抜きして、部屋に飾っていましたよ^^♡

 

『ラビリンス/魔王の迷宮』公開当時、ジェニファー・コネリーは16歳。世界中で『絶世の美少女』と言われていました^^!

 

ところで、『ラビリンス/魔王の迷宮』は、『オズの魔法使い』のような王道の冒険ファンタジー。

 

ジェニファー・コネリーのあどけなさの残る美少女ぶりと、MTVさながらのデヴィッド・ボウイの歌唱シーン、今見るとCGはカクカクしていますが、CG技術が出始めた時代の素晴らしい演出など、見どころがいっぱい!

 

そして、魔王役、デヴィッド・ボウイのタイツ姿も見どころ^^!

ちなみに、狙ってやったのか、2022年5月に公開された『トップガン マーヴェリック』で、

 

ジェニファー・コネリーが登場するシーンで、デヴィッド・ボウイの1983年の曲『レッツ・ダンス』が流れますよ^^!

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、昔は恋多き女?恋人歴!

 

現在は結婚しているジェニファー・コネリーですが、結婚する前の昔は、恋多き女性と言われていました。

 

わたし的には、ジェニファー・コネリーは、ハリウッドの中では『恋多き女』というほどではないように思えますが…^^。

 

ジェニファー・コネリーは、1991年、『ロケッティア』(1991年公開)で共演したビリー・キャンベルと婚約。5年間一緒にいましたが、1996年に婚約を破棄してしまいます。

 

その後ジェニファー・コネリーは、ハイキング中に知り合ったほぼ無名の写真家、デビッド・デューガンと交際。1997年に長男カイ・デューガンを出産しました。

 

しかし、経済的にはほとんど頼れないデイビッド・デューガンと結婚する気はなく、シングルマザーの道を選択。

 

そして1999年には、『いまを生きる』(1989年公開)などに出演したジョシュ・チャールズとの交際が報じられています。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、夫は『アベンジャーズ』の俳優!

 

シングルマザーとなり、幼い息子を持つ母となったジェニファー・コネリーは、撮影現場にも必ず息子カイ・デューガンを連れ、映画会社が用意する託児所に預けるのが日課でした。

 

そんなジェニファー・コネリーは、『ビューティフル・マインド』(2001年公開)の撮影でポール・ベタニーと出会います。

 

ポール・ベタニーは、撮影現場で息子を抱く、美しいジェニファー・コネリーに一目惚れしたのだそう。

 

そして交際3年目の2003年1月1日、ジェニファー・コネリーとポール・ベタニーは結婚します。

 

結婚して夫となったポール・ベタニーは、1971年5月27日生まれ、イギリス・ロンドン出身の俳優です。

 

夫ポール・ベタニーの身長は、191センチ!

 

ジェニファー・コネリーの身長が169センチなので、20センチ以上の身長差がありますよ^^!

 

ジェニファー・コネリーと夫ポール・ベタニーの年齢は、半年ほどしか変わりませんが、役者としてはジェニファー・コネリーの方が10年ほど長いキャリアを持っています。

 

しかし、ポール・ベタニーは、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年公開)のシラス役、『アベンジャーズ』シリーズ(2012年以降)のヴィジョン役などで、存在感のある演技力が高く評価されている俳優です。

 

ところで、ジェニファー・コネリーと夫ポール・ベタニーは、『クリエイション ダーウィンの幻想』(2009年公開)で、夫婦役を演じ話題になりました^^!

 

ジェニファー・コネリーは、実生活でも夫であるポール・ベタニーとの夫婦役について、このように振り返っていました。

 

「仕事とプライベートが分けられなくて大変だと思ったけれど、撮影は驚くほど自然にできたわ。

車で一緒に撮影現場に行ったり、彼にメイクを施してもらったり楽しかった(笑)」

 

またジェニファー・コネリーは、夫婦円満の秘訣をこのように語っています。

 

「わたしはポールを人としても、俳優としても尊敬しているの。

それに彼には安心して頼ることもできる。

これらは単純なことのように思えるけれど、結婚生活の上で非常に重要なことね」

 

 

かつては、未婚の母親となったことでファンに衝撃を与えたジェニファー・コネリー。

 

ポール・ベタニーさんとの運命的な出会いから、結婚20周年を迎えようとしている現在も、円満な夫婦関係を築いているようです^^!

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、3人の子供と歩んだ昔から現在!

 

ジェニファー・コネリーは、3人の子供の母親です。

 

1997年に交際していた、写真家デビッド・デューガンとの間に生まれた長男、カイ・デューガン。

 

2003年に結婚した、夫ポール・ベタニーとの間に生まれた次男、ステラン・ベタニー。

 

そして長女、アグネス・ラーク・ベタニーです。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリーの長男カイ・デューガンは元恋人デビッド・デューガンとの子供!

 

元恋人デビッド・デューガンとの間に生まれた長男、カイ・デューガンは、

 

1997年7月生まれの25歳!(2022年9月現在)。

 

母のジェニファー・コネリーに目元をもっと濃くした感じの長男カイ・デューガン。母と息子の関係は良好です!

 

ジェニファー・コネリーは、息子カイ・デューガンを産んだ当時、シングルマザーとなりましたが、

 

「息子カイのために仕事をし、創造的なキャリアを開拓できたのも彼のおかげ。本当の自分に気づかせてくれた」と母親となったプラスの面に感謝していました。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、次男ステラン・ベタニーは夫ポール・ベタニーとの子供!

 

夫ポール・ベタニーとの間に生まれた最初の子供、ジェニファーコネリーの次男ステラン・ベタニーは、

 

2003年8月5日生まれ、19歳!(2022年9月現在)。

 

次男ステラン・ベタニーは、母ジェニファー・コネリーを少し薄くした感じ?眉頭のゲジゲジしたところがそっくりです!

 

次男ステラン・ベタニーは、2021年6月に高校を卒業したばかり。

 

2021年の卒業シーズンを迎えた6月、夫ポール・ベタニーは自身のインスタグラムで、高校を卒業した息子ステラン・ベタニーとのスーツ姿の親子ショットや、

 

ジェニファー・コネリーと長男カイ・デューガンとの2ショット写真を投稿し、「ステランが卒業し、僕は赤ん坊のように泣いた」と喜びを伝えていました。

スポンサーリンク

ジェニファー・コネリー、長女アグネス・ラーク・ベタニーは夫ポール・ベタニーとの子供!

 

夫ポール・ベタニーとの間に生まれた2番目の子供、ジェニファーコネリーの長女アグネス・ラーク・ベタニーは、

 

​​ 2011年5月31日生まれの11歳!(2022年9月現在)。

 

次男ステラン・ベタニーの出産から8年後の2011年、ジェニファー・コネリーは、ニューヨークにある自宅で、長女アグネス・ラーク・ベタニーを水中出産しました。

 

時々、家族と一緒に公に現れる娘アグネス・ラーク・ベタニーは、髪の毛が金髪、瞳の色はジェニファー・コネリーと同じ緑色のようです^^!

 

ジェニファー・コネリーは、3人の子供たちについて、このように語っています。

 

「母親になってすべてが変わった。

自分自身について、生き方についての責任のとり方を学んだわ。

私にとって一番大切なのは子供たちが無事に成長し、幸せに生きること。それさえ叶えば十分よ」

 

これからも、ジェニファー・コネリーの夫婦と親子の幸せな日常の報告が楽しみです^^!

タイトルとURLをコピーしました